思い通りなのか、勘弁してくださいなのか?

「思い通りの人生を生きるには、どうしたらいいか」についての
もろもろの本とかヒントとかってよく目にしません?

それと同時に、

「すべては、すでに自分の思い通りになっている」というのも
よく聞きません?

そうらしいけど、本当なのかな?

思ったはずもない出来事が
自分の人生には盛りだくさんなんだけど…って思います?

そうじゃないとしたら、うらやましいなぁ。

私は、勘弁してくださいな体験だらけ(笑)。

そうはいっても、やっぱり私の人生も思い通りなんですよね。

最近、

「思い通りの人生を生きる」について
目の覚めたことがいくつかありました。


人生は思い通りの「思い」ってなに?

人生は思い通りの「思い」ってなに?

そもそも、思い通りの「思い」って何のことかが
わかっていないと、
「勘弁してください」な体験に埋もれる私になります。
というか、私はそうなった(笑)

「思い通りの人生」の「思い」って、
本質的には具体的なことではないんです。

具体的な望みの元になっている
より抽象的な「私の思い」が、
自然とか宇宙の摂理に沿うように
実現されていくんじゃないかなって、
最近、確信しています。

たとえば、引っ越ししようと思って、

具体的に思い通りをイメージします。

南向きで、日当たりがよくて、
静かで、45ヘーベーあって、
ウォーキングクローゼットにフローリング、
システムキッチンで、駅から5分以内、
家賃はxxx万円。礼金なしってことで!

それを4月30日までに見つけて、5月10日に引っ越す。

という「願い」を具体的に思うとしますよね。

もちろん、思い通りになるかもしれない。

具体的なことは、思い通りにならない可能性も同時にあります。

「具体的」なものって、いうたら、制限を設定しているんです。
条件を付けているとも言えますね。

「なぜ」あなたがその条件を持ち出してきたのか。
それが「本当の思い」です。

この例だと

本当の思いは…

そんな素敵な家に住んだら、
自分の状態がよくなって、
幸せな気分になれる。

私が幸せだったら、
周りの人にも幸せを共鳴できる。

なんか、良いよねそれ!

だとしたら、「幸せ」が本当の思い。

条件である具体的な思いは、
ぜんぜん実現しないかもしれないけれど、
とにかく「幸せ」に向かうことは確か。

まったく別の道筋で、
「幸せな気分」が実現されていくかもしれない。

思い通りにならないとき、どう反応するか?

まったく別に道筋になったとき、
今、思考を占めている
引っ越しに対する熱い円買いは実現しないので、
こんな風に思います。

         

A どうせ私の願いはかなわないと拗ねる。

B 私はやっぱり運が悪いと陰鬱な気分なる。

C 本当にはそれを望んでいない前提を持っているから実現しないんだと、
     反省する。(「実現したら、怖い」とかってヤツね)

D 願い方が間違っているのかな?と、あれこれ考える。

AとBは、ほっとくとして(笑)

CとDを修正することが
実現化にとって大切なポイントと言われることが多いよね。

確かにそうなんです。
そうなんですよ!

まじで…

でも、「具体的な思いや願い」に関しては、
間違った前提なんてなくても、
願い方が別に間違っていなくても、
そうならない可能性だってある。

私は、そう思っています。

だからといって、

具体的なことを願っても無駄なわけでも、
やり方が間違っているというのでもないです。

全然OKです。
超いいと思います。

ただ、本質的には、具体的なことよりも、

「本当の思い」の波動が宇宙に発信され、
「本当の思い」ほうが、真実の世界なので、
そっちが確実に起こるようにうまい具合になっている。

具体的な条件は、どうなるかはわかりません。

最近の私の実感なんだけど、

宇宙とか地球とか自然の摂理に合うように
調整されながら「本当の思い」が
実現されるように運ばれるんです

で、自然の摂理系の調整が入るとき、

具体的な願いは『叶わない方向』で、
本当の思いが実現されていく流れになりやすいようです

そんなの嫌ですよね。

私も、すっごく嫌です。

でも、嫌がることでもないのかもしれない、
そんな風に心境の変化がありました。

自然の摂理の調整が起こるとき、

より自然体の自分に近づきながら、
本当の思いが実現されていくって流れになるだけなんです。

<続きはこちら → 一歩突っ込んだ「思い通りに生きる」(自然の摂理編)